2019年度の元気なまちづくり事業補助金の交付候補団体が決定!

2019年5月18日(土)にまちからで柏崎市元気なまちづくり事業補助金公開審査会が開催されました。
今回は部門や審査員などが変更となって最初の審査会。
申請のあった2団体から発表が行われ、審査の結果、2019年度の交付候補団体が決定しました!

【やる気応縁部門】
団体名 :○○(まるまる)縁日実行委員会
事業名 :ハレの日化計画
事業概要:紙芝居、ポン菓子、射的などの昔ながらの遊びや、現代の新たな遊びを出し物として、各地域の祭りなどに出店する。地域の団体と協力して「遊び」の機会を提供することで、イベントを盛り上げ、地域活性化の力になる。

【ふるさとづくり応縁部門】
団体名 :NPO法人北条人材バンク
事業名 :北条地域の高齢者の居場所づくり事業
事業概要:孤立しがちな高齢者が集い、食事を楽しみ、買い物ができる場所を北条地域に作る。また、北条で何かにチャレンジできる場としても提供し、住民同士が支え合い、住民自身の手で北条を元気にしていくための仕組みを作る。

公開審査会の様子はこちらからご覧ください。

櫻井雅浩柏崎市長の挨拶

この『柏崎市元気なまちづくり事業補助金』は、公益活動に取り組む市内の団体が自主的、主体的に行う事業を応援し、団体の自立を促すとともに、市民活動を活発にし、市民一人ひとりがお互いに協力し合う元気あふれる地域になっていくことを目指しています。

今年度から新たな審査員も加わり、この5名の皆さんが審査を行いました。
審査員
・石黒 啓子 氏(柏崎市市民生活部部長)
・黒木 宏一 氏(新潟工科大学准教授)
・倉知 徹  氏(新潟工科大学准教授)
・笹川 陽介 氏(特定非営利活動法人あそびそだちiLabo 理事長)
・金子 知也 氏(公益社団法人中越防災安全推進機構)

審査員も今年度から新たに3名の方を迎えました
左から石黒審査員長、黒木審査員、倉知審査員、笹川審査員、金子審査員
やる気応縁部門:〇〇縁日実行委員会の発表
審査員からの質問も続々に出てきます
質疑応答にもテキパキと答えていきます
ふるさとづくり応縁部門:NPO法人北条人材バンクの発表
美味しそうな料理写真
緊張の審査結果の発表
見事、2団体ともに交付候補団体に決定!
審査員から熱のこもった総評をいただきました

これから1年間、団体の皆さんは申請した事業を進めていきます。
ぜひ応援や協力をよろしくお願いします!

2019年5月24日 17:48

カテゴリー / まちから,活動の報告

######

投稿者 / kuwata