事業背景


2016年から、大正大学に地域創生学科が誕生しました。「地域を愛し、地域を支え、日本の未来を構築する」ことを目指して、「知識」と「実践」が融合したカリキュラムを提供しています。一番の特色である「地域実習」は各地で活躍するたくさんの人財が参加し、フィールドワークの中で学生一人ひとりが確実に成長していきます。この学科のミッションはさまざまな地域から学生を受け入れ、地域へ回帰させること。学生は1年次から4年次まで都市と地方の双方で長期の地域学習に取り組みながら、都市の視点で地域活性化に貢献し、地方の視点で都市問題にアプローチできるチカラの習得し、日本の未来を築く「地域人」を目指します。

地域学習では、地域人材育成の一環として、地域の生活、文化、習慣、環境、産業などを実感し、都市と地方地域の新たなるつながりを生み出すための人材を養うため、1~3年次で6週間の「地域実習」を行っています。


取り組み


私たち『あいさ』は、新潟県柏崎市を受入対象地とした地域学習のコーディネートを、NPO法人かやぶき集落荻ノ島様と協働で行なっています。私たちは、市内で活動する市民活動団体やNPOなど、地域課題の解決や社会をより良くしようとする取り組みの現場に足を運び、活動のきっかけや地域への愛着、アントレプレナーシップなどを体感するプログラムを提供しています。

【2016年度のテーマ】
都市部と中山間地が相互に織りなす地域文化と生活。脈々と続く生活の営みとコミュニティのあり方について、行動して考える。


実施内容


期間:2016年〜現在
場所:柏崎市周辺
担当:水戸部
役割:現地コーディネーター


実績


◆2016年

期間:2016年9月18日〜10月27日

受け入れ団体一覧
・協同組合柏崎東本町二丁目振興会 / えんま通り商店街の復興まちづくり
かしわざき音楽商店街 / 中越沖地震後の中心市街地回遊型イベント「音市場」
株式会社With You – ホームページ / 市内初の就労継続支援A型事業所の取り組み
かしわざき市民活動センターまちから / 拠点を活かした協働のまちづくり
特定非営利活動法人 地域活動サポートセンター柏崎 / 防災と福祉のまちづくり
・I LOVE KZ / 地域の資源を価値として再構築する
la Luce e L’ombra / 地域の素材を活かした食の創造
小竹屋旅館 / 海のブランディング
株式会社米谷製作所 / 柏崎の製造業の現場を知る
柏崎刈羽原子力発電所 / エネルギーと歩んできた柏崎