▶プロフィール

大学3年生までは、特にやりたいこともなく、ただ何となく生きていたので、学校とバイトの行き来で地域と接する機会はほとんどありませんでした。生活が激変したのは、中越沖地震がキッカケでした。地震から3カ月後には、所属する田口研究室のプロジェクトとして、被害の一番大きかったえんま通り商店街の支援を行っていました。地域の方々と一人の人間として関わること、その中で相手のために何が出来るのか自分なりに考えること、それらの時間を重ねることでできる地域との信頼関係。「ただなんとなく」の毎日から「生きている」と実感できる刺激的な毎日に変わった瞬間でした。それから、まちづくりの現場から離れられなくなり、これでメシが食えればいいなぁという漠然とした思いを叶えるべく、日々活動しています。まだまだ、道半ば、これからもまちづくりに邁進したいと思います。事務局一同どうぞよろしくお願いします!

▶その他の参画団体

柏崎市第四次総合計画推進委員会 委員(2013年)
柏崎市ボランティアセンター運営委員会 委員
合同会社まちづくりえんま 役員

▶まちづくり歴
2005年  新潟工科大学工学部建築学科に入学
2007年  学部3年時、新潟県中越沖地震に被災
  被災後に田口研究室としてえんま通り商店街の復興まちづくりプロジェクトに参加
2008年 9月から中越沖復興支援ネットワークに所属
2009年 新潟工科大学工学部建築学科 卒業
  正式に中越沖復興支援ネットワークに入社、事務局長に就任
2012年 柏崎まちづくりネットあいさに入社、事務局長に就任