2014.07.16

TEAMしわざのキャンドルナイト

2014.07.05

夏の鵜川を満喫しよう!

2014.06.24

今日の4コマ

2014.06.11

身近なものに名詞をつけてみる。

2014.05.30

あいさの台所事情

TEAMしわざのキャンドルナイト

杉井です!連続で3記事!そろそろ疲れてきたよ!

あいさ(沖ネット含む)では、地震のあった毎年7月16日には何かしらの事業をするのですが、TEAMしわざの皆さんも市内、某田中のローソンでキャンドルナイトを毎年開催します。
コンビニでキャンドルナイトとは、なんとも異質な雰囲気かもしれませんが「生活にものすごく近いところでおこなう。」という事に何か意味合いがある気がします。若い人やたまたま車で立ち寄った様な人の姿を見るとそう感じます。

記事画像 記事画像 記事画像 記事画像 記事画像 記事画像

TEAMしわざの皆さんは、僕が大学3年生の頃からお世話になっている方々なので、この日に久しぶりに皆さんの顔を見れてなんだか懐かしく感じました。

おわり。

ページトップへ移動

夏の鵜川を満喫しよう!

杉井です!久しぶりの投稿です!

アーカイブ展も一段落したので、今日は7月前半の出来事をバァーと全部書きます。

まず最初の記事は7月5日に開催された『夏の鵜川を満喫しよう!』についてです。今回のイベントは柏崎市のまちづくり元気塾修了生の会『ふらっと柏崎』の方々と開催したイベントです。「ホタル真っ盛りの鵜川を楽しもう!」といった心安まる企画です。

僕らはスタッフなので早めに鵜川に到着しましたが、この日はものすごく良い天気でした。

記事画像 記事画像 記事画像

空の大パノラマを見ただけで、気分が良くなります。「なんだか田舎のばぁちゃん家に帰ってきたみたいだー。」って、ちなみに僕のばぁちゃんは実家で母と暮らしてますがね。

そして夜の交流会用にそば打ちをします。

記事画像

そば打ちの先生は、鵜川の活動団体『だぁ〜すけ』の小野さん(旦那さん)です。自分で撮っておいて何ですが、雰囲気のある写真ですよね。

記事画像

送れてくる方などもいて、少人数での実施になりましたが楽しいそば打ちになりました。

記事画像

やっぱり宮ちゃんは、小千谷の子だけあってそば打ちがうまいんですねー。

記事画像

完成したものがコチラです。おいしそうではないですか!

記事画像

そばが茹であがった事にワラワラと人が集まりはじめ、6時から交流会の開始です。交流会は逸品持ちより形式で、自己紹介と同時に持ってきた物を紹介して回ります。いわゆる村上ノウハウです。参加者はだいたい30人くらいでした。

記事画像

そして8時、いいかんじにアルコールが回ってきた頃に鵜川散歩の開始です。鵜川の田んぼ道をぐるーと一周しながら、就寝前のシャワーも体験の里で済ませます。

その時撮ったのがこの写真

記事画像 記事画像

画像が小さいの分かりづらいですがホタルが移ってます。昔、別俣のホタル見に行って全然駄目だったので、今回はとりあえず写ってよかったです。この後、カメラブメンバーと一時間半くらい回ってましたが、8時がピークらしく全然撮れませんでした。
本当は、この日に練習して後日ちゃんと撮りに来たかったのですが、アーカイブ展の準備に追われて結局だめでした。

記事画像

ホタルも思うように撮れずに本日はなくなく就寝、朝起きたら女性陣がヨガをしてました。先生は高柳の宮崎さん。この後朝ごはん食べて、いろりろ回って帰りました。

ページトップへ移動

今日の4コマ

記事画像 記事画像 記事画像 記事画像 記事画像 ページトップへ移動

身近なものに名詞をつけてみる。

杉井です。今日はとりとめもない感覚的な話し。

普段何気なく見ている物に固有の名詞をつけることは大切なのかもしれない。
固有の名詞をつけて、名詞に対してまわりが共通の認識をもつことで、その物の価値観を少し変えることができるのではないか?

小さな規模では、家の中で家族が使う言葉。
杉井家でいえばテレビのリモコン
我が家では「ピッポッパ!」である。
ボタンをピッと押すと、ポッとなって、パッと画面が変わるからである。
小さい頃の僕が言い始めたことなのか、婆ちゃんが孫用の言葉として言い始めたことなのかは覚えていない。
ただ、「リモコン」と「ピッポッパ!」では存在感や、もしくはその物に対する愛着が少し変わってくる。

大きい規模で言うと地域にある観光商品。
柏崎市内ではパッと思いつかなかったので、最近流行の四万十(しまんと)の話しであるが、地元の人が注目することのなかった「栗」に対して、「しまんと地栗(じぐり)」と名前をつけたことで、これまで何の存在感も示さなかった栗、道路に落ちていただけの栗が存在感を放ちはじめる。
最初は小さな存在感、ある一部の人間だけでの認識だったのかもしれない。
それが次第に大きくなり、大きな共通認識となることで数年前まで誰も見向きもしなかった物が、地域の特産品にまで昇華する。

子どもが生まれたとする、名前をつけずにいつまでも「赤ちゃん」として育てる親はいない。Phoneをスマホ(もしくはスマフォ)と呼ぶ人が少ないように、身近にあるものに名前をつけることで見えるてくる世界、あたらしい価値観もあるのではないだろうか。

ページトップへ移動

あいさの台所事情

杉井だす。
今日はノーまちづくりな、日頃のとりとめのない話し。

去年くらいから、あいさ事務所ではご飯を自炊するようになりました。
とはいっても、水戸部さんは奥さんの愛妻おかずがあるし、宮ちゃんはお母さんがほぼ毎日弁当を作ってくれているので、おかずまで必要とするのは僕とのんちゃんの高カロリーコンビだけ。

しかも事務所で作る物があまりよろしくない。たとえば昨日は...

記事画像

キムチチャーハンだった。

記事画像

先日の村上から買ってくる道中に道の駅で購入した物。袋を三重にしていたけど帰りの車内は凄い臭いがしていて、正直「ミスったかな?」と思った。
味はショウガがきいていて、非常に好評だったのだけど、事務所内の臭い(オイニー)が凄く、今週は僕に「事務所を定期的に換気する」という新しい業務が加えられたほどだ。


日が変わって今日のランチは「肴や」さんの日替わり定食700円。

記事画像

金曜日は宮ちゃんのお母さん(かずみママ)の弁当休暇日なので、みんなで外食にいく。今日は、のんちゃんがいないので宮ちゃんと肴やにいった。(のんちゃんは魚の骨をとってくれる人がいないと焼き魚を食べれない)今日の日替わりはホッケ定食。非常に美味でした。

記事画像

今日は午後から理事長がきている。
麦茶を出すときの冷蔵庫の臭いが気になる今日この頃


久しぶりに新品のCDを色々買いました。今日のとりとめのないはなし終わり。

記事画像

追伸
「村上」というキーワードが入っていると、齋藤さんの「いいね!」が付きやすいらしい。今日の前半ネタはSEO対策ならぬSAITO対策である。(ほとんど村上の話じゃないけどね。)「いいね!」は付くのでしょうか?ワクワク。

ページトップへ移動
昔の記事へ 新しい記事へ