2014.05.28

あいさの総会をおこないました。

2014.05.22

ジャムとパンの出会い。

2014.05.19

かみさまとのやくそく柏崎上映会

2014.05.16

グルグルハウス高柳へ!

2013.10.15

「ぱくぱく食べたい」食物アレルギーをもつ家族のためのサークル誕生!

あいさの総会をおこないました。

こんにちは杉井です。
先週金曜日にあいさの平成26度通常総会をおこない、25年度の活動報告や決算報告など理事の方々に報告させていただきました。

あいさの設立は24年度の秋頃だったため、あいさの運営経費を1年通して見るのは今回が初めてです。丸1年間運営してみて、細かい改善点なども上がりましたが、今回理事の方々の話題になったのは運転資金の確保についてでした。

記事画像

NPO、特に僕らのように事業を受託して運営している団体は、支出した経費の支払いが基本的に年度末になります。概算請求などで半年分の経費などは事業開始時にはいただくこともできますが、スタッフの人件費や管理が毎月出ていく中で、年度の途中でかなり危うい期間もあるのが現状です。理事の方々からも「委託事業以外の収益事業を増やさないといけないね」などの意見もいただきましたが、収益事業に関しては沖ネット時代から課題であり、これまでも考えてきましたがなかなかブレイクスルーは見えませんね。

コーディネートスタッフも3人と少ない中で、仕事の数を闇雲に増やすのではなく、それぞれの事業の質を高めて相手からいただける単価を上げていくというのが理想でしょう。今後のあいさの運営としては、たんなるNPOの相談支援スタッフとしてではなく、それぞれが独自の専門性をみにつけて、得意とするフィールドを開拓し地域に必要とされる人材になっていく必要があります。

ちょっと前に正月休みだった気がしますが、気づいたらもう6月です。1日1日を無駄にせず、20代にしかできない仕事・学びというものをこれからもしていきたいと思います

ページトップへ移動

ジャムとパンとの出会い。

今日は手作りキウイの手作りジャムに出会った話です。
ジャムとの出会いは「だんらん畑」田尻へ向かって252号線を走らせていると、左手にコメリ、そして新築が並ぶ住宅地を過ぎて左折すると見えてきます。

建物の入り口には販売している商品の案内掲示。中には元気のいいご夫婦。

記事画像

ここは惣菜加工場でもあり、誰でも立ち寄ってお茶したり、お弁当を食べたり、地域の茶の間みたいな感じです。近所のお母さんも、こんにゃくやジャムを求めてここへ訪れる。隣のおじちゃんは修理したバイクを届けに。

記事画像

これは、だんらん畑自慢の笹おこわ。
笹のいい香り、見た目もキュートで、美味しいのです。

記事画像
記事画像
     

今日の打合せも終わり、お土産に手作りキウイの手作りジャムを頂いたので、これはパンとコラボさせよう!と思いたち、ココラロウさんのパンを購入!

記事画像
記事画像
記事画像

うん、いける!キウイのジャムとパンいかがでしょうか。

「だんらん畑」は毎週火・木・土の昼間営業しているので、ぜひご賞味ください!

ページトップへ移動

「かみさまとのやくそく」第2回柏崎上映会

※上演時間に誤りがあったため、内容を一部訂正させていただきました。
 誠に申し訳ありません。

「かみさまとのやくそく~胎内記憶を語る子どもたち~」大好評につき、第2回柏崎上映が決定しました!トチボリさんからのご紹介です。

     

シネコン等の大きな劇場では公開していない、自主上映会でしか見られない映画です。胎内記憶を語る子どもたち、子どもたちと真剣に向き合う研究者、教育者、たいわ士の姿をありのままに記録したドキュメンタリーです。

日頃、子育てで悩みがつきない、これまでとても苦労してきた、これからの出産、育児に大きな不安がある…。そんなお母さんや、お母さんをサポートする立場の人たちに、是非、観てほしい感動と涙と「ありがとう」が溢れる作品です。

        

<第2回柏崎上映会 会場:Fステーション>
◆5月30日(金)午後の部 19時上映開始 
◆5月31日(土)午後の部 14時上映開始 /夜の部 19時上映開始
【参加料】大人 1000円(パンフレット別売) 小学生以下無料
【会場】Fステーション(社会福祉法人ロングラン、トライネット)
市内錦町5-20

記事画像

【上映会公式ホームページ】www.kamisamatonoyakusoku.jimdo.com

※前売券はありません。当日会場でお支払いください。
※各回定員40名のため、事前にホームページからの申し込みをおすすめします。
※事前申し込みが無い場合、満席の際、入場できない場合があります。ご了承ください。
主催: facebook柏崎&社会福祉法人ロングラン
会場電話番号 0257-21-5090
映画、上映会に関するお問い合わせ: 090-7407-5962(担当トチボリ)

ページトップへ移動

グルグルハウス高柳へ!

県道252号線を高柳方面へ走らせていると、それまでの風景とは少し変わったガラス張りの建物が見えてきます。外には開催中の案内看板、中には「ご自由にご覧ください。」の文字が。ここは、グルグルハウス高柳という無料のギャラリーです。

記事画像

あいさへ活動の相談に訪れたことがきっかけで店主の方と知り合い、高柳に訪れる際には必ずこの場所へ顔を出すようになりました。

今月は小林五空展「墨の魅力、黒の力」(東京展受賞記念展)が開催されています。

記事画像

高柳の自然豊かな場所で小鳥や水の音を聞きながら、お隣のコーヒーをいただいて、ゆっくり作品を見れるなんて…つかの間の癒しです。

記事画像

写真左に写っているのが店主であり、芸術家の今井さん。身の回りのものは全てDIY。

記事画像

今井さんは高柳に移住してから、地元の方に教えてもらいながら大工の技術を習得してきたそう。今では空き家となっている茅葺き民家の茅の張りかえも出来るほどの腕前に。

白く塗っているのは、もうすぐここへやってくるヤギの小屋の準備。夏にはここへヤギやソフトクリームを求めて、あ、もちろん作品も求めて、子どもたちも大勢遊びにくるそうです。アートクラブをしている縁で子どもたちもグルグルハウスが大好き。

そんなグルグルハウスは毎月異なる展示をおこなっています。詳細はこちらから。

グルグルハウス高柳のブログ

高柳へ覗きに行ってみてくださいね。

ページトップへ移動

「ぱくぱく食べたい」食物アレルギーをもつ家族のためのサークル誕生!

柏崎に新しく「子どもの食物アレルギーについて考える」サークル『ぱくぱくクラブ柏崎』が誕生しました!

先日これからの活動について相談があるというこで、サークルのママがまだ小さい二人のお子さんとパパと4人で訪れてくれました。

今の柏崎には同じアレルギーの子どもをもつ家族が話せるような場は少なく、入園してからどんな対応してもらっているんだろう?アレルギーの子どもでも食事できるお店って?毎日の料理はどうしてる?…毎日の生活の中で不安は多くあると教えてくれました。勉強をするときには市外へ出掛けることがほとんどで、上越や新潟まで足を運ぶそうです。

もっと身近に話し合える場が欲しい、勉強できる場がほしい、そんな思いから『ぱくぱくクラブ』は月に2回集まる日を設けることから始めました。以前勉強会で知り合った親子や友人も集まり、お茶会みたいに色んな話をしているそうです。

同じ状況の人たちが集まって一人ひとりが抱えている悩みや、乗り越えてきた経験を伝えることで、少しでも不安を取り除けたら、みんなで解決し合えたら、きっと毎日の生活も変わってくると思います。

素敵な笑顔をもつサークルのママの色んな人たちとつながることを楽しみにしている様子が印象的でした。

興味のある方はぜひ参加してみてください!


■会の名前:ぱくぱくクラブ柏崎
■日時:月2回(第2金曜日、第4土曜日)10:30~12:00
■場所:柏崎市総合福祉センター
■参加費:100円
 おもちゃもありますので、お子さまもどうぞ!
■お問い合わせ先
メール:pakupaku.kasiwazaki@gmail.com 山崎
※日時、場所が変更になることがありますので、ご連絡ください。

記事画像 ページトップへ移動
昔の記事へ 新しい記事へ