2014.11.22

インターン大成功の裏側へ〜報告会の様子から〜

2014.11.06

涙とエールの慰労会、次の集落へ

2014.10.17

夏のインターン大報告会を開催します!

2014.08.31

高柳・山中集落にて1ヶ月インターン始まりました!

インターン大成功の裏側へ〜報告会の様子から〜

記事画像:インターン写真

11月22日(土)、雨模様が続いていましたが、晴天のなか夏のインターン大報告会を開催しました!住民と学生、関係者、およそ30名の方々から集まっていただきました。

そして会場は新潟工科大学のスタジオです。こんなに素敵な作業部屋があるんです!壁面も白いのでスクリーンいらず♪

今回のインターンでは7テーマ25名の学生から参加いただきました。
(内容はこちら2つ前の記事をご覧下さい!)

記事画像:インターン写真
記事画像:インターン写真

どのテーマも発表の方法は様々、伝えたいことも様々です。そのなかで学生たちの考えや、苦労した点、工夫した点の数々に見入るようにスライドを見つめていました。

記事画像:インターン写真
記事画像:インターン写真

モノやイベントを完成させるために至るまでの思い、学生たちがこの経験から得た気づきに対して、目頭が熱くなりました。

住民の方々からも、「最初は心配だったが、想像以上の成果だった!」「新しいアイデアをいただくことができた」たくさんの声をいただきました。 記事画像:インターン写真
記事画像:インターン写真
記事画像:インターン写真

テーマ型インターンシップの開催にあたって、学生、住民、関係者のみなさま、本当にありがとうございました。これからもインターンシップそして、学生たちの心を動かす仕掛けをつくっていきます!

また、柏崎日報、柏新時報社の方がいらしていたので、いつ記事になるかと待ち遠しいです〜!

ページトップへ移動

涙とエールの慰労会、次の集落へ

10月30日(金)、秋晴れの中、インターン生高橋くんの慰労会が開催されました!!平日の昼間でしたが、続々村の人々が集まってきました。しかし、直前まで原稿に向き合っている高橋くん。かなり緊張している模様。。

記事画像:インターン写真

会場は、村の中心にある荻ノ島集落センター。会長春日さん、副会長のけんきちさんから、半年間の高橋くんについて語られました。

春日さん「今日はさよならじゃない、笑顔で送り出そう。」「初めてのことに対して肯定的だった。否定的な気持ちから入らないから、一歩も二歩も動き出しが早い。」

けんきちさん「彼は成長したよ。」

ひでおさん「本当に楽しませてもらったよ。」

その言葉はどれもシンプルだけど、彼にとって今までで一番の“褒め”言葉だったと思います。こんなおっかないおじさんに言ってもらえるんですもん。(実は笑顔が一番素敵な方ですけど、それは最後に)

記事画像:インターン写真

高橋くんからも、半年間の感謝の思いを込めて・・・当時抱えていた不安、今だから笑っていえる苦労話、ばかばなし、そんなお話を聞いていると、彼の精神的な強さや、常に目の前の人やモノに対して、逃げずに向き合ってきたさまが浮かんできました。それだけ家族のように、ありのままに接してもらったということは、一生忘れられない場所、ふるさとになったと思います。

記事画像:インターン写真

今日は彼へのねぎらいの気持ちも込めて、こんなごちそうも。

記事画像:インターン写真
記事画像:インターン写真

最後は一本締めと、

記事画像:インターン写真

記念撮影!やった、みんなの笑顔をゲット〜かな!

記事画像:インターン写真

この後もまだまだ飲み会はつづいたようです。。。11月4日から同地域、門出集落にてインターンがスタートします!!つづく

記事画像:インターン写真

にいがたイナカレッジ

ページトップへ移動

夏のインターン大報告会を開催します!

\好きなところでとことん楽しむ/
テーマ型インターンシップ1START 合同報告会 2014

この夏、学生と地域は新たな活動にチャレンジしました。学生たちが地域の皆さんへその成果を発表します。興味のある方ならどなたでも参加可能です。お茶菓子等も用意しながら和やかな雰囲気のもと開催しますので、ぜひお越しください。
今回のチラシは、あいさへインターンに来てくれた片貝くん(工科大)がデザインしました!産業大学、工科大学、あいさ事務所にて設置予定、また私の参加する会議にて配布します!

記事画像:報告会チラシ

2014年11月22日(土)15:00〜17:30(14:30〜受付)
会   場:新潟工科大学スタジオ (大駐車場から案内看板を設置)

プログラム:6テーマ(①〜③の繰り返し)からの活動発表
 ①地域から受入れの目的
 ②学生からの活動報告
 ③参加者からの質問など

発表順:
1.「伝えるって面白い、先生やってみよう!」
柏崎ジョイフル・キッズ、比角コミュニティ運営協議会

記事画像:インターン写真

2.「今日、文学に出会う。文化と技術を肌で感じよう!」
ドナルド・キーンセンター柏崎

記事画像:インターン写真

3.「テーマ型インターン!?裏側を取材しよう!」
NPO法人柏崎まちづくりネットあいさ

記事画像:インターン写真

4.「心に残る音と、場所をデザインしよう!」
かしわざき音楽商店街

記事画像:インターン写真

5.「伝わるサイン看板づくりをしよう!」
NPO法人かやぶき集落荻ノ島

記事画像:インターン写真

6.「竹林再生、心も癒す、竹灯籠づくりに挑戦!」
高田コミュニティ振興協議会

記事画像:インターン写真

▷ Web 1START

ページトップへ移動

高柳・山中集落にて1ヶ月インターン始まりました!

青森から柏崎へイナカレッジインターン生がやってきました!

8月28日(金)
朝5時に青森を出発〜電車に揺られ揺られて、柏崎駅18時30分到着!!山岳部の彼は移動もへっちゃらのようです。途中、岩手にて(かなり早い段階)やぶれた手提げを持った彼と駅で出会ったとき、なにかオーラを感じました。

記事画像:インターン写真

駅から高柳へおよそ50分クルマを走らせます。第一村人発見!受入担当者のムラタさんがバス停にて待っていました。これから住む家まで愛犬と案内してくださっています。思わずパシャリ。

記事画像:インターン写真

どうも初めまして。彼が住み始める家はとにかく大きい!元々7人家族の老夫婦が春まで住んでいらっしゃったので、家の状態がとても良いのです。お母さんのこまめな性格がうかがえます。2階はなんと6部屋!ひ、広い。みんなでお部屋チェック。

記事画像:インターン写真

先ほど愛犬と走ってくださったムラタさん、第二村人のイトウさんご家族、そしてホソダくん、なんだかなんの違和感もなく、これからホソダくんが挑むミッションや集落の仕事について話し合い始めました。

テーマは「山奥の小さな集落で暮らす意味を考える~体験や交流を通じて“外から見た山中集落を記録する”」として、集落散策マップの制作や山の暮らし体験、農産物の加工・販売をおこないます。

記事画像:インターン写真

あれ、手に、あれ?

記事画像:インターン写真

こんな立派なスケジュール表も用意していました。どんな予定が組まれていくのでしょうか。

記事画像:インターン写真

さらに、歓迎会もさっそく予定されています。チラシの雰囲気好きです。
昨夜おこなわれた歓迎会、「僕は日本酒が好きです。」と答えていた彼は大丈夫だったのでしょうか。。

記事画像:インターン写真

ともかく、これから山中にとっても、彼にとっても、初めてのインターンが始まります。彼には、ゆっくり自然と村人と、そして自分と見つめ合いながら、1ヶ月取り組んでほしいです。

記事画像:インターン写真

にいがたイナカレッジ

ページトップへ移動
昔の記事へ 新しい記事へ