プロフィール


「将来はラーメン屋かぁ〜」と漠然とラーメン屋でアルバイトをしていた大学3年の夏。中越沖地震が起きました。住んでいたアパート、通っていた大学、働いていたラーメン屋、どれも結構な被害をうけました。地震直後から所属した田口研究室の仲間とともに、特に被害の大きかったえんま通り商店街の復興まちづくりプロジェクトに参加したことをきっかけに、まちづくりに関わる人生がはじまりました。

えんま通り商店街では、復興ビジョンや建て替え時のルールをまとめたガイドラインの策定、賑わいづくりを目的としたイベントの支援などに参加。卒業研究では、北条地区のコミュニティセンターで、住民主体のまちづくりを牽引する主事さんを研究しました。時間をつくっては、全国のまちづくり先進地に訪問したり、まちづくりをナリワイにする先輩方に話を聞いたり、そんな充実した毎日の中で、少しずつ、明確に「まちづくりを仕事にする」という想いが強くなっていきました。

あれからもうすぐ10年。地域の想いのあるみなさんとまちについて考えながら実践する毎日は本当にすばらしい。幸せな仕事だと日々感じています。今日よりもちょっと良い明日をつくる。そんな毎日です。

出身地:長野県長野市
生年月日:1987年2月28日
血液型:B型
キャッチコピー:ジャックナイフ
資格:準認定ファンドレイザー

経歴


2005年 長野県立中野実業高等学校 卒業
新潟工科大学工学部建築学科 入学
2007年 学部3年時、新潟県中越沖地震により被災。被災後に田口研究室の一員としてえんま通り商店街の復興まちづくりプロジェクトに参加
2008年 9月から中越沖復興支援ネットワークに所属
2009年 新潟工科大学工学部建築学科 卒業
中越沖復興支援ネットワーク 事務局長に就任
2012年 NPO法人柏崎まちづくりネットあいさ設立 理事兼事務局長に就任
2015年 かしわざき市民活動センターまちから まちづくりコーディネーターとして勤務