シーズン柏崎2月号に掲載されました!

今月のシーズン柏崎vol.5は、「地域の魅力が詰まった食を通じて、別俣のファンを増やしたい 地域内外を繋ぐそば処清流庵の挑戦」そば処清流庵 小暮八重子さんのお話です。

みなさんは別俣という地域をご存知でしょうか?
黒姫山の麓にある盆地で、久米・水上・細越の3集落からなる農山村地域です。
地域の中央には、柏崎にある木造校舎のなかで、最後まで開校していた旧別俣小学校があり、現在は農村体験交流施設として食堂や体験教室の会場に活用されています。そこを利用して、月に3日だけ営業するそば屋があります。

PDFデータはこちら

◎2018年 2月号(担当  増田)
「地域の魅力が詰まった食を通じて、別俣のファンを増やしたい 地域内外を繋ぐそば処清流庵の挑戦」
そば処清流庵 小暮八重子さん

●バックナンバー 各タイトルをクリックすると記事をご覧頂けます。

\市民活動センターまちから1階交流活動ルーム1でも冊子の閲覧可能です/

2018年2月10日 16:00

カテゴリー / あいさ,応援する団体の紹介,メディア掲載

###

投稿者 / miya